投稿者「名嘉沢真」のアーカイブ

FM沖縄に出るよ

FM沖縄TOMMYの ぬちぐすいNIGHTに出ます
http://www.fmokinawa.co.jp/tommy/
11月27日土曜日20時から放送
今日の後からですね。

この間収録して来ました。

トミーさんは初対面でしたが
AKARAの風に関する話して盛り上がりました。
聞けばウィンドーサーフィンやってとか。
そして今はチャリンコで風と日々向き合っているらしい。
どうりで風に敏感な訳だ。

終わってからも風の話はつきませんでした。

ぜひ聞いて下さい。

AKARAを撮る

パンフレット用の撮影の日
冬の空は青さに欠ける
それでも何とか
AKARAの赤と青を捕まえようと
シャッターをきる

ワルミ通りには西からの風が吹く
太陽が暑い分心地よい冷たさの風

冬の撮影日和

FM21にて

沖縄はラジオが盛んです
車社会なので移動中はもちろんのこと
はるさー(農家)達もラジオがBGM
職場で常にONになっている所も珍しくない
全国でもコミュニティー放送が数多くある地域として
雑誌ブルータスでも特集されるほどです

そんなことで
浦添のコミュニティー放送である
FM21にPR出演してきました
スティッカムのアーカイブリンクします
聞いてみてくださね〜
風のゆくえ発売記念・カレンダー原画展』&『安BOX』是非来て下さい!

おっ
ちょっと音源流れるんだぁ

因に…
本番前になんかリクエスト曲ありますか?と言われ
全然準備してなかったんですが
iPhoneに入っている曲をかけようと外部入力出来るか聞くと
出来ないと
ずらっと並んだCDの中からすぐに選んで下さいとなってしまった
焦って選んでいると
目の前にテレサが!
『空港』がなかったので『つぐない』を選んでリクエスト
「昼からすみませんが『つぐない』でお願いします…」
と言う渋すぎるチョイスになってしまったのだが
実際に僕のiPhoneにはテレサテンベスト(2枚組)が
がっちり入っているから
まあ仕方がない
本当は相対性理論のご機嫌&アンニュイな曲でもかけたかったね
そんな一日でした

イベント告知 ラジオラジオの親子

11/10はラジオPRデーでした
AKARAギャラリーでイベントやってます。
HabuBoxでも感謝祭セール『安BOX』やりますよ〜
是非遊びに来て下さいね。
【ボクネン画文集「風のゆくえ」発売記念展】
※同時開催2011年度版ボクネンカレンダー原画展示会
日 時:2010年11月9日(火)~2011年1月31日(月)
※作家来場:11/20(土),11/21(日),12/18(土) PM4:00~
(12/18はPM5:00~トークライブ『ボクネンに聴く』を開催)

【今だけ!『安BOX』感謝祭】
HabuBoxの旗艦店が今年の夏、無事オープンする事が出来ました
日頃の愛顧に感謝を込めて、記念セールを開催します。
アウターやカットソー、パーカー、カーディガンなど、冬物はもちろん、
年中着れるTシャツやK’s物も超お買い得価格で。
(全品1枚:¥1000 2枚:¥1800 3枚:¥1500 3枚以上からは一枚あたり¥500)

日 時:HabuBox那覇店、HabuBoxアカラ店にて
• 第一回 11/13(土)~11/23(火)(勤労感謝の日まで)
• 第二回 12/18(土)~1/3(月)※元旦のみ休業


◆お問い合わせ
AKARA(アカラ)お問い合わせ先
代表ハブボックス・アカラ店:TEL098-936-8239
冬期営業時間 午前11:00~午後9:00 年中無休
さて、その告知に
ボクネンさんと一緒にFM沖縄とROKへ
まず、お昼は沖縄における“テレフォンショッキング”
ハッピーにゲスト出演してきました。
けっこう話も弾み、
長い時間たっぷり告知させてもらいました。
県民として念願のハッピー出演ですが、
以前に清太の展示会で
ボクネンさんがトークイベントのゲストで出たとき
多喜さんが司会でした。
その楽屋でボクネンさん多喜さんと僕等も交ざって
けっこう話が盛り上がって、あ、
トークイベント本編より饒舌だったかなぁ〜ボクネン…
ってな感じで、その続きみたいな
なんだかアットホーム系の雰囲気の中で
全く緊張せずにハッピートークが出来ました。
多喜さんの段取りのよさと上手にまとめる仕事ぶりに
思わず聞き入ってしまいそうでしたよ。
FM沖縄の皆さん多喜さんありがとー!
<多くの県民の耳がこっちを向いているとは思えないほど、静かでアットホームな雰囲気>

<お子さん、多喜さん、パパさん>
そして夜はROKへ
宮田さんのダンディーボイスでおなじみの
時間もたっぷりしゃべらせてもらって、
リリースされたばかりの画文集『風のゆくえ』や
2011年のボクネン版画カレンダーの話しで盛り上がりました。
沖縄は車社会も助けてラジオは旺盛です。
リスナーの反応もクイックで面白い。
パーソナリティーの宮田さんが
視聴者プレゼントの応募メールは件名に
“ボクボクネン”と漢字でかいて〜と呼びかけたら、
じゃんじゃん色んな“ボクボクネン”が届いてました。
それから『安BOX』も耳に残るフレーズで連呼されたので
良かったね。
ROKラジオ沖縄はビンテージ機材が未だ現役って感じで
ボクネンさんも変わらぬスタジオが
懐かしいと言ってました。
スタッフも放送中に出入りしたりけっこうユルイ感じも
良かったです。
それぞれの放送局にカラーがあって面白い。
ROKのスタッフの皆さん座安さん宮田さん
ありがとうございました!
<ローボイスの3人がしゃべり合うと誰が誰か分からんかったかもね>
<サインもすらすらり〜>
<色んな“ボクボクネン”件名!!ジャンジャン届く。ボクネンカレンダーあたります様に!>

ラジオまわり

〈写真:事務所の庭にて〉
今日FM沖縄のハッピーアイランドと
ROKのイブニングワイドで
ラジオ告知で出ます

AKARAでイベントがあるのでその告知です

オヤコラボ系で
ボクネンさんと出演系

みなさん聞いて下さい&イベント来てください!

◆イベント内容
【ボクネン画文集「風のゆくえ」発売記念展】
※同時開催2011年度版ボクネンカレンダー原画展示会
日 時:2010年11月9日(火)〜2011年1月31日(月)
※作家来場:11/20(土),11/21(日),12/18(土) PM4:00〜
(12/18はPM5:00〜トークライブ『ボクネンに聴く』を開催)

【今だけ!『安BOX』感謝祭】
HabuBoxの旗艦店が今年の夏、無事オープンする事が出来ました
日頃の愛顧に感謝を込めて、記念セールを開催します。
アウターやカットソー、パーカー、カーディガンなど、冬物はもちろん、
年中着れるTシャツやK’s物も超お買い得価格で。
(全品1枚:¥1000 2枚:¥1800 3枚:¥1500 3枚以上からは一枚あたり¥500)

日 時:HabuBox那覇店、HabuBoxアカラ店にて
第一回 11/13(土)〜11/23(火)(勤労感謝の日まで)
第二回 12/18(土)〜1/3(月)※元旦も休まず営業

◆お問い合わせ
AKARA(アカラ)お問い合わせ先
代表ハブボックス・アカラ店:TEL098-936-8239
冬期営業時間 午前11:00〜午後9:00 年中無休

ハロウィーンの風

季節も変わりミーニシが吹き荒れるこの季節。
「人肌恋しい・・・。」だとか、
「なんだか懐かしい・・・。」だとか、
「センチメンタルな気分・・・。」だとか、
あらゆる黄昏が蔓延するこの頃、AKARAはOPENして3ヶ月を迎えようとしていた。

振り返る暇もなく、
予想以上の大変さであったり、イレギュラーが起きたり。
怒濤のごとく押し寄せるならまだしも、
見た所静かな水面で、いつ波が立つとも分からない。
それはまるで思わせぶりな異性の様に、
想像を超えた性格を持っていて、
僕はただ翻弄されるのだった・・・。

・・・と言う感じに「余裕の無さを黄昏れる余裕。」を持てるようになりました。
お久しぶりです、ブロガーの沢真です、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
なんだか久しぶりのブログ投稿なので文体がいまいち掴めなかったりしています。
(こんなんだっけ?)
取りあえず余裕も出て来たという事で、僕のブログ投稿もぼちぼち再開致します。

再開一発目にご紹介したいのは、10月31日に行われる「halloween」について。
近年日本でも大衆的な欧米文化として浸透しつつあるハロウィーン、
怪物や魔女等の仮装をした子供達が
「Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」
という合い言葉で家々を周り、お菓子を貰う。
一般的にはそうした仮装して行う楽しい行事だと周知されているように思います。
(由来はケルト民族の収穫祭にあり、現在のスタイルはキリスト教伝来と共に広まったとされています。wiki参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/ハロウィン

日本ではまだまだ習慣とまでは広まっていないハロウィーン、
そのイベントの規模も大小様々。
学校行事として取り組んでいるところもあれば、都市部では大規模な仮装コンテスト等も毎年行われています。
あまり気に留めた事のない人も多いかと思いますが、
実はここ美浜でも毎年ハロウィーンのイベントが盛大に行われているんです。
そのイベントの様子がこちら・・・。

< The Halloween Mihama 2008 の様子>

何この本気の仮装!!?と驚いた人も多いんじゃないでしょうか?
そうなんです、ここ美浜アメリカンビレッジで毎年開催される
「ザ・ハロウィーン美浜仮装コンテスト」は、仮装のレベルもトップクラス!!
コンテストの見応えはもちろん、仮装した参加者達がアメリカンビレッジ内を
ノリノリで練り歩く様は一見の価値あり!!
(個人的にはプレデターがベンチに座ってるのを見てテンション上がりました。)

今年も10月31日に開催されるこちらのコンテスト、

当日はこちらのステッカーが貼られているお店で「Trick or Treat」の合い言葉を言うとお菓子が貰えたりもしてファミリーでも楽しめます。
(仮装したちびっ子達がまた可愛いくて癒されます。)

コンテストに参加したい方はコチラ
http://www.okinawa-americanvillage.com/form/
当日受付もあるようですが定員先着150組なので、webか電話での予約受付を済ました方が確実なようです。

<美浜の店々での告知も大々的に行っております。>

AKARAもこの盛大なイベントに備え特大のカボチャのランタンを用意、
当日はショップスタッフによる仮装等も考えております。
お菓子は「Habubox」と「SoiSoi」と「JANOSZ」で貰えます、10月31日イベント当日に「Trick or Treat」とお声かけ下さい。

今美浜はハロウィーンムードに包まれています、
興味をもたれた方は是非見に来て下さいね。

<本場収穫祭レベルの本気カボチャとソイソイガール2人>

AKARAドキュメント番組再放送

AKARAの建設のドキュメント番組
『シマの芽吹き』が再放送されます。
沖縄地区にて
10月4日月曜午後4時23分から
OTVで放送します
皆さん是非見てください。
九州地区は10月3日に再放送となっています。
この間の放送で
仕上がった番組を初めて見ましたが、
あれを見ると、なんだか
建物があっと言う間に仕上がった様でした。
でもこのプロジェクトの濃密さは
一口には語れないかもしれないね。
ブログで延々語っても
語り尽くせないわ
更新もままならんわ…
もうミーニシが吹いて季節は秋。
だけど今年の風は少し騒がしい気がする。
あなたもAKARAの風に会いに来ませんか?
<重い機材を抱えてどこへでも行きますよ!>
<樹座のモデル撮影>
<ボクネン達がSOISOIの屋根のチンプー(角飾り)を制作している風景を、撮影しているディレクターさんを上空から撮影しているのは…>
<…オレ!(眼鏡をしているのは目が悪い訳でもお洒落でもなんでもなく、現場の粉的なホコリが目に入らない様にするためですよー)

DINING CAFE「JANOSZ」(ダイニングカフェ・ジャノス)OPEN!!

「DININGCAFE JANOSZ」
自家焙煎コーヒーと県産ブレンド紅茶を中心に提供するダイニングカフェ。
 沖縄の風土 をメニューと店舗演出に取り入れ、独自のスタイルで提供します。
ティータイムにぴったりの本格スイーツ、ランチでは沖縄そばの麺を使ったパスタ、ソーキ(豚のあばら肉)のカレー、紅豚のハンバーグ、
その他にも琉球料理のディナーコースなど、スタンダードと創作性とが絶妙に調和した、美味しいくて新しい沖縄の味に出会えます。
北谷サンセットビーに面した3F という立地を活かし、青い海とダイナミックな空とが一望出来る贅沢なテラス。
漆喰を基調に曲線で構成された内装が食事の一時を心地良く引き立てます。
カフェメニューだけでなく、お酒もやおつまみも充実。
仲間同士のパーティーや、大切な人と特別なディナーにもお気軽にご利用頂けます。


<漆喰を基調とした高良康男さんによる空間デザイン。>

<自家焙煎コーヒーと県産ブレンドティー琉球紅茶を楽しめる。>

<コーヒーや紅茶にピッタリの日替わりスイーツも用意。>

<紅豚のカツカレーは正に絶品!!>

<紅豚と言えばこちらも、紅豚を贅沢に使ったハンバーグセット>

<テラス席は北谷の海が一望出来る絶好のロケーション。>

<青空の下で食べるパフェもたまりません。>

<沖縄そばの麺を使用した「沖縄パスタ」、創作性が光る。>

<ボクネン作品も展示、豪華な空間演出。>

<琉球料理のAKARAコース、ディナーコースも選べます。>

<ワインやカクテル等のアルコールもご用意。>

<エキゾチックな夜に浮かぶ看板、大人の時間が流れます。>

<特別な夜等にもいかがでしょうか?>

営業時間11:30~23:00
ランチタイム11:30〜14:00
カフェ&ティータイム14:00〜18:00
ディナータイム18:00〜22:00(L.O)

美浜デポアイランド内、AKARA3Fにて営業中!!
皆さんぜひご利用下さい。

関連:ホール/キッチンスタッフ募集!!http://www.akara.asia/p/janosz.html


DININGCAFE JANOSZ「ダイニングカフェ・ジャノス」

先月8月27日オープンしたダイニングカフェ「JANOSZ」の様子をお伝えします。
(すっかり作業に追われ半月程過ぎてしまいました・・・すみません。)

オープンから半月が経過して経営も安定してきたJANOSZ。
「8年の時を超えて〜」の記事で前に紹介したように、実はAKARAから始まったわけではないんです。

(以下引用)
>実は「ジャノス」というカフェはAKARAに始まったものではない。

>今から10年前、2000年の8月10日にHabuBox那覇店がOPENした。
>同時にその2階に開いたプロジェクト・コア初の飲食業、
>その名も「Art Cafe JANOS」
>自家焙煎コーヒーを中心に軽食やスイーツを取り扱い、
>様々なアーティストの展示会を開くといったアートカフェである。
>カフェブームの先駆的な店だったが、
>HabuBox那覇店はファッションに特化するめ、
>2002年3月に営業休止した。

>しかし以来、社員販売用として
>コーヒー豆の焙煎は欠かす事なく、
>陰ながらノウハウを積み上げて来た。
>経験を次の構想に活かし、ひたすら時を待った。

>・・・あれから8年。
>AKARA建設に伴い、再び復活するジャノス。
>語尾に「z」が加わり「JANOSZ」と表記を変更した。
>※ナゼわざわざ読みにくい表記へ変更しなければならなかったかは、またの機会に
>(z:ゼータは、最後のアルファベットであることから
>これ以上ないものや、最強を意味する)
>料理や空間作りにもさらに力を入れ、
>文字通り全身全霊で挑むカフェである。
そう、実はHabuBox那覇店の2階から始まってたんですね。
あれから8年の歳月でどのように変化したのか、比較して見てみましょう。